興奮度が増す女性用ラブグラ

興奮障害にはラブグラで解消

女性に起こり得る性機能障害の一つに、性交渉を行う前や、性交渉の最中に性的興奮が得られなくなる「興奮障害」と呼ばれる症状があります。興奮障害が起きると、性交渉前や最中に膣分泌液が出にくくなり、性交渉において痛みを感じるようになり、痛みを感じた女性は以後ますます性交渉を拒むようになっていきます。性交渉に対する拒否感が強くなる状況が長く続くと、性嫌悪障害につながることがあります。興奮障害を改善する方法はいくつか考えられます。例えば、性的興奮を高める医薬品を用いるのもそのような方法の一つといえるでしょう。女性の性的興奮を高める作用がある薬として、近年インターネット上の口コミで評判となっているのは「ラブグラ」と呼ばれる製品です。ラブグラには男性の勃起不全治療薬にも利用されているシルデナフィルが含有されており、1回服用することで5~6時間程度は性的興奮が得られない状況が改善される可能性があります。もし性的興奮が得られないときのために、この「ラブグラ」と呼ばれる女性用バイアグラは常に持ち歩きましょう。ラブグラの錠剤に含まれているシルデナフィルの量は、日本人には多すぎるため、服用する際には錠剤を2等分して1欠片ずつ服用するようにしなければならないでしょう。ただし、ラブグラの性的興奮が抑制されている状態を改善する効果は、あくまで一時的なものにとどまるということは留意しておくべきです。興奮障害へと至る原因には、強いストレスや不安、人間関係における悩み、パートナーの性に関する知識不足や誤解、性交渉時の環境など様々なものがありますが、ラブグラはこれらの解消にはほとんど寄与しません。興奮障害を改善するためには、婦人科が設置されている病院で医師に相談したり、パートナーのサポートを得ながら、原因をきちんと特定して取り除くのが最良です。そのことを知った上で、ラブグラで夜の問題を解決するのがお勧めです。また、ラブグラには血流をよくするので頭痛、動悸、鼻づまりなど副作用が少数ですが報告されているので、合わせてご注意ください。また、お酒との併用は効果が発揮されないのでラブグラを服用するときには、お控えください。